フリーニューユニオン(無料の新しいユニオン) | ログイン

労働問題専用窓口サイト

完全無料 24時間365

『FREE NEW UNION』で退職届を作成、退職時でも退職後でも残業代申請書自動作成サービスを使って、 残業代も請求できます!
【面倒な手続きをスマホ1つで】

・本当に会社が辞めさせてくれるか心配
・未払いの賃金があるが、今辞めても大丈夫か心配
・会社に退職届がなく、どの様に書いて良いかわからない

こんなふうに退職のことで困っている人はいませんか?

本記事の内容

本当に会社が辞めさせてくれるか心配・辞めるというのが怖いなどの声がありますが、実際には、法律でも退職する事が可能になっています。

Twitterなどを見ると退職が言い出せないで、ブラック企業に努めている方が多く、辞めても賃金が支払われていないケースもあります。

会社を最短で辞めるには?

法律上は2週間で辞められる

法律上、会社は退職の意思を伝えてから2週間たてば辞めることができます。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。
この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
※出典:民法第627条1項

会社の就業規則や雇用契約書に「退職は◯ヶ月前までに申し出なければならない」「会社の承認を得るまで業務に服さなければならない」など と書かれていたとしても、法律が優先されますが、今後、会社との関係を悪化させたくない場合などでは、 就業規則や雇用契約書に従って退職を申し出るのが一般的です。

2週間で会社を辞める方法

2週間で会社を辞めるには、「○月○日(休日を含めた2週間後の日付)に退職する」旨を記載した退職届を、直属の上司に提出するのが確実です。 FREE NEW UNIONに登録し、必要情報を入力する事で、自動で作成されます。

退職の意思を伝えるのは口頭でもかまいませんが「言った・言わない」を避けるには、書面で伝えるのが大切です。
上司が退職届を受け取ってくれない場合、会社に内容証明郵便で郵送するのも選択肢のひとつです。

その後、記載した退職日を迎えれば退職が成立します。

就業規則や雇用契約書には「自己都合退職の場合は○日以上前に申し出ること」のように、1~2ヶ月前に退職の意思を伝えるよう記載されているケースが多いので、
業務の整理や引き継ぎにはある程度の時間がかかるので、余裕を持って退職日を決めるようにしましょう。

退職の3ステップ

3ステップ

1.退職を申し出る

時間的な余裕があれば、退職日の1.5~2ヶ月前に会社に「退職したい」旨、伝えましょう。

伝えるポイントは、退職の意思・退職理由・退職希望日の3点です。
退職を切り出す時には、退職届を用意しなくても良いですが、明確に退職を伝える為にもFREE NEW UNIONで作成した退職届を用意しておくと良いです。

転職先は退職前に決めておいたほうがいい?

転職先は、できれば退職を申し出る前に決めておくのが理想です。

なぜなら、次の仕事が決まらないまま退職すると、経済的にも精神的にも不安定になってしまう可能性があるからです。もちろん、仕事と転職活動の両立が難しく、 先に退職せざるを得ない事もあるでしょう。その場合は貯蓄額や生活費を把握した上で、「いつ頃までに転職先を決めなければならないか」を逆算して計画的に進めると、 安心して転職活動に励む事が出来ます。

2.返却物、受取書類の確認

退職日までに会社に返却するものと、会社から受け取るものを確認しておきましょう。

返却物 健康保険証や社員証・社章・名刺・制服など
受取書類 雇用保険被保険者証や年金手帳(会社が預かっている場合のみ)など

3.業務の引き継ぎ

後任者が困らない様、引き継ぎ資料を作成しましょう。取引先への挨拶は、退職の社内広報後にするのがマナーです。

会社を辞めるときのトラブル事例と解決方法

会社を辞めたいと伝えたら、思わぬトラブルが発生する可能性もあり、 Twitterのコメントのような実例でも解決する事が出来ます。

有給休暇を消化させてくれない

有給休暇は労働者に認められた権利なので、会社側が取得を妨害したり、拒んだりすることはできません。
上司が有給休暇を使わせてくれない場合は、まず人事担当者に掛け合い、それでも受け入れてもらえない場合は労働基準監督署に相談してください。

※詳しい対応方法の参考ページ→退職前の有給消化が許可されないときの解決策

もらえるはずの退職金が支給されなかった

就業規則や雇用契約書に退職金の支給が明記されている場合は、その金額通りにもらえるのがルールです。条件を満たしているのにもらえなかった場合や、告知なしに減額された場合は、労働基準監督署や弁護士に相談してください。